限られた時間の使い方

ナマステ!

日々淡々と生きていますが、
僕にも僕なりに淡々といかないこともあり、
忙しい日々を過ごしております。
その中で感じたことを綴ってみます。

僕の仕事はAYKBの講師兼運営なのですが、
もともと定職に就いたこともなく、
ずっとフリーターだった為、全ての仕事を手探りで行なっています。
しかし、持ち前の幸運で最高のサポート陣に恵まれ、
どうにかこうにかやっております。

そして、2年前から父親という新しい役割が与えられましたが、
これまた手探りで子育てを行なっています。

講師も運営も父親もとてもやりがいがあるので、
沢山の学びと感動の日々を過ごしておりますが、
ひょんなことから、やるべきことが増えました。

もちろん人生において超絶に忙しい日々がやってくることは想定していたし、
そんな日々を過ごすことを求めていた面もありますが、
いつだって想像と現実は別物で
『 リアル 』はとてもリアルに迫ってきます。

そして、いよいよ僕がとても大切にしていた
『 睡眠時間 』と『 練習時間 』と削らなければいけなくなりました。

7時間の睡眠は5〜6時間になり、
2時間半の練習は1〜2時間にしています。
( これでも恵まれている方なのかもしれませんが・・・)

しかし僕の場合はこの睡眠時間では疲労は回復せず、
この練習時間ではチャレンジアーサナと向き合うことができません。
太陽礼拝を10回だけで練習を終えた日もありました。

だけど、今この生活だからこそのとても新鮮な感情を味わっています。

忙しくなってと一番感じることは
『 忙しい時こそ練習が必要 』
ということです。
そしてこの場合時間の長さはそれほど重要ではありません。

たっぷりの睡眠と2時間半の練習ができている時よりも
より練習から得られる恩恵を感じています。
特に癒されていることを強く感じています。

マットの上では自分の呼吸音だけを聞いていればよいので、
呼吸音を安定させることに意識を集中し、
特別何かを考える必要もなく、
特別何かをがんばる必要もなく、
特別なプレッシャーもなく、
ただ目の裏側で音が反響していることに意識を向けるようになりました。

睡眠時間も練習時間も短くなったのに、
今まで感じることのできなかった呼吸の安定感を感じれています。
( チャレンジアーサナにチャレンジしない楽しさも感じています。 笑 )

そもそも『 練習に癒される 』と感じたことが今まではほとんどありませんでした。
2012年からは練習をすることを第一優先に生きてきたので、
当たり前が当たり前になると、
健康な時に健康のありがたみが感じにくいように
もしかしたら本来得られる恩恵も感じにくくなるのかもしれないですね。

アシュタンガヨガの実践が
パンクしそうな思考を落ち着かせ、
心身の疲労を緩和させることを再確認しています。

正直今の生活に練習がなく、
ただ忙しい日々を過ごすだけだと、僕はもたないような気がします。
忙しいからこそ、リセットする時間が必要なんだと感じています。

1日24時間
1年365日
人生は長くても100年

これは私たちが平等に与えられている時間ですが、
限りがあり
過去は戻らず
未来がある保証もなく
とりあえず今日という日をどう過ごすかにおいて、
やはり誰にも邪魔されずに自分自身を見つめる時間を作ることは大切なことです。

僕はこれからもその時間を大切にし、
一人でも多くの方がその時間を過ごせる環境を提供できように、
まだその時間の大切さを実感していない人に提案できるように働こうと思います。

ちなみに僕の忙しい日々には期限があるので、
何か意味深にご心配しなくて大丈夫ですからね!

もうちょっとだけ。

1歳8ヶ月の息子と過ごす時間がとても長くなりました。

様々な物事をスポンジの様に急速に吸収し、
毎日成長している姿を見せてくれます。

『 今が一番可愛い時期だね!』
なんて多くの方に言われるのですが、
本当に今が一番可愛い時期ならば( 疑ってはいないですよ 笑 )、
この時期なんてまさに人生において超限られた時間です。

息子と過ごす時間も最高の癒しの時間です。