Ashtanga Yoga Kobe の名前について

こんにちは!

スタジオを新しく始める上でやらなくてはいけないことが沢山あるのですが、
その中でもかなり重要なことの一つに

『 スタジオの名前を付ける 』

ということがあります。
子供の名前もだいぶ悩みましたが
スタジオの名前もかなり悩みました。
最初は候補がいっぱいあったんですよ(笑)。

ですが、
すでにAshtanga Yoga Kobe を主宰して3年半が過ぎていたので、
Ashtanga Yoga Kobe は存続したいという気持ちがありました。
また、僕たちが何者なのかわかりやすい名前が良いという思いもありました。

スタジオの名前は別で決めて、その中でAshtanga Yoga Kobeを行おう。
という案もありました。

そして、なんとなく『 これだ! 』というネーミングが決まらないまま
6・7月にインドの KPJAYI に行きました。

練習が始まる前にレジストレーションと呼ばれる受付があるのですが、
レジストはシャラジと直接やり取りをします。

もしも僕がAshtanga Yoga Kobeを名乗るとしたら
それは絶対にシャラジに報告して許可を取った方が良い。と思い、
恐る恐るレジストの時にシャラジに僕の思いを聞いて頂きました。

『 このインドが終わったら神戸という土地で自分たちのシャラを作ろうと考えています。
そのシャラの名前に「 Ashtanga Yoga Kobe  」という名前を付けても良いですか? 』

するとシャラジは
『 That’s  better . 』
と答えてくれました。

付け加えて
『 夫婦で教えることはとても良いことだ。 』
とも言ってくださいました。

という訳でシャラジが『 That’s  better . 』と言ってくださったのに
『 やっぱり違う名前にしよう! 』なんて気持ちになる訳もなく、
インドに到着してすぐにあっさりと決定しました(笑)。

やはり僕とケイコがやりたいのはアシュタンガヨガだし、
アシュタンガヨガを神戸で行うのに一番わかりやすい名前というと
『 アシュタンガヨガ神戸 』しかないですよね(笑)。
KPJAYIも『 シュリ・K・パタビジョイス アシュタンガヨガ研究所 』
というとてもシンプルでわかりやすい名前です。
( シュリ・K・パタビジョイスとはアシュタンガヨガの創始者の名前です。)

アシュタンガヨガを人に伝えるということにおいて、
僕たちが『 アシュタンガヨガ神戸 』という名前のシャラで伝統を伝えていることを
アシュタンガヨガのグルが認めてくれた。
ということが僕はとても嬉しいです。

IMG_2395

今後『 アシュタンガヨガ神戸 』ではアシュタンガヨガ以外の
例えばハタヨガなども行っていく予定ですが、
アシュタンガヨガとは八支則のヨガを示す言葉でもあるので、
そこに矛盾は生じません。
なので、将来的にはハタヨガなどのクラスも増やしていく予定です。

私たちはアーサナの練習だけではなく八支則の実践を行っていくんだ!
という決意を込めたネーミングということで、
それが僕たちがKPJAYIでシャラジから学んで来たことです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中