スティーブ先生

2020年1月4日(土)午後 スティーブ先生&サチさんによるWS開催!!

アシュタンガヨガのプライマリー・シリーズはヨガ・ツィキッツァ(ヨガセラピー)と呼ばれ身体を浄化し整えます。

その最後に出て来るウールドヴァ・ダヌラーサナ(バックベンド、後屈)はとても挑戦的で難しいですが、大変重要なポーズの1つです。

ナディ・ショーダナと呼ばれ神経系を浄化するセカンド・シリーズにおいても重要な役割を果たし、正しく行うことにより多大なエネルギーが得られ私達を元気にしてくれます。

このワークショップでは『後屈』をテーマに、バックベンドの深め方やドロップバック、カムアップのやり方などを、デモンストレーションをしながら解説していきます。

その他、プライマリー・シリーズ全般のお話し、インターミディエット・シリーズに入るアドバイス、ヨガ哲学、質疑応答なども含み、途中で参加者の方も実際に身体を使って実感して頂き、一人一人の練習生がそれぞれに必要な何かを学べるワークショップです。

日時:2020年1月4日(土)午後 ※WSに参加される方はご前中のマイソールクラス(清水誠也指導)は会員様、非会員様共無料で受けていただけます。

料金:10,000円 (税別) ※1.2セット料金 ※単発での受講は不可 どうしてもどちらかしか受講できない場合はその旨ご連絡ください。

お申し込みはメール、お電話、スタジオにてスタッフへお声がけください。

メール:申し込みはこちらから

電話:05014407093

1、バックベンド、ドロップバック、カムアップについて

時間:約2時間

対象: アシュタンガヨガを既に練習していて、これからバックベンドを始める方、既にバックベンド、カムアップ、ドロップバック、キャッチングをやっている方。

⚫︎全ての後屈に通じる理論

⚫︎ウルドヴァダヌラーサナ(バックベンド)のやり方

⚫︎心地よくやる為の正しいアラインメント

⚫︎ドロップバックのやり方、下りるための方法、コツ

⚫︎バックベンドからカムアップする方法、コツ

⚫︎一人ひとりの生徒が個々の最大限の範囲でバックベンドを深くするコツ

⚫︎バックベンドで足首を掴むやり方

などを、デモンストレーションを交えて説明します。

参加者の皆さんには、バックベンドの為のオープニング エクササイズを一緒に行こない、基本的なバックベンドを実際にやって頂きます。

*怪我や女性のホリデー中などの場合、エクササイズは見学していても構いません。

2、ヨガについてのお話

時間:約2時間

対象:ビギナーからアドバイスの方まで全レベルの練習生にご参加頂けます。

内容:20年以上デイリープラクティスを続けてこられ、シャラート先生、ロルフ先生ともサードを終えているスティーブ先生の経験や知識のシェアになります。

<プライマリー・シリーズについて >

・各アーサナのアラインメントや効用

・ジャンプバック、ジャンプスルーのやり方

・トリスターナや意識する点

<セカンドにこれから入る、すでに練習している方へのアドバイスや、インターミディエット・シリーズのお話し>

<アーユルヴェーダとヨガのお話、ヨガ哲学、ヨガ的食事、生活の話など>

・ 生涯の行いとして人生を通してヨガを長く続けるために

・ 季節や年齢、人生の様々な場面によって練習を適応させる方法

・ ヨガライフ

<質疑応答>

【その他】
クラスは英語で日本語訳が続きます。一部日本語のみになります。

スティーブ

イギリスにてashtangayoganewquay主催

【講師】
スティーヴ&サチ・ラッファン (それぞれのプロフィールは下記)

GANESHA PROJECTSを設立しアシュタンガヨガとヘルシーベジフードの普及活動を様々な国や都市で行う。2017年にスティーヴの母国英国に戻り、大自然に囲まれたコーンウォール州ニューキーでアシュタンガヨガ・ニューキーをオープンし伝統に従ったマイソールクラスの指導にあたる。

2人の更に詳しい活動内容はこちらをどうぞ。
www.ganeshaprojects.com
Facebook: Ashtanga Yoga Newquay
Instagram: ashtangayoga_newquay

🇬🇧スティーヴ・ラッファン

英国出身。1998年にセラピーとしてアシュタンガヨガを始める。

2004年よりインド・マイソールのKPJAYIを訪ね、故グルジ (シュリ・K・パタビジョイス先生)、R・シャラット・ジョイス先生、R・サラスワティ・ジョイス先生に師事する。

アシュタンガヨガ・レベル2正式指導者。
現在の師であるR・シャラット・ジョイス先生のもと3rdシリーズを終了、4thシリーズを練習中。マイソールではこれまで何度となくシャラット先生のアシスタントを務める機会に恵まれる。

2010年、R・シャラット・ジョイス先生のレベル2正式指導者の特別コース終了。

2016年より、R・シャラット・ジョイス先生のサーティファイド&オーソライズド指導者のための特別コース終了。

現在インドのゴアで指導をするロルフ・ナウジョカット先生に、彼がタイ、パンガン島で指導をする頃から長年に渡り師事し、3rdシリーズを終了、4thシリーズを練習中。

2005年に台北にて台湾初のマイソールクラスを始める。その後、東京のIYC神保町にて早朝マイソールクラスを指導、これまでに日本(東京、鎌倉、逗子、福岡)、タイ、フィリピン、ドイツ、ノルウェー、ポーランド、英国でマイソールクラスやワークショップを指導する。

ヨガ哲学、アーユルヴェーダ、サンスクリット語、チャンティング、食の事、精神世界、ヴィン・ホフ・メソッドなど様々な分野を学び、常に進化し続けている。

謙虚でローキーなためあまり知られていないが、彼の真摯なヨガに対する姿勢や、本来の自分を見つけ出すための彼の指導法は、彼と同期の練習生やこれまで指導した生徒の多くから絶大な支持を得ている。

🇯🇵サチ・ラッファン

兵庫県出身。神戸市外国語大学在学中よりヨーロッパやアジアを長期で旅するようになる。

アシュタンガヨガとの出会いは2004年の2度目の渡印時。故グルジ (シュリ・K・パタビジョイス先生)の娘さんであるR・サラスワティ・ジョイス先生の下、日々の練習を始める。その後も毎年のようにマイソールを訪ね、故グルジ (シュリ・K・パタビジョイス先生)、R・シャラット・ジョイス先生、R・サラスワティ・ジョイス先生と練習を続ける。

アシュタンガヨガ・レベル2正式指導者。
10年以上に渡り師事するR・シャラット・ジョイス先生の元、現在3rdシリーズを練習中。マイソールでは師のアシスタントをし学びを深めている。

2016年、R・シャラット・ジョイス先生のサーティファイド&オーソライズド指導者のための特別コース終了。

インドのゴアで指導をするロルフ&マーシー・ナウジョカット先生夫妻とも、過去に7年間に渡り定期的に指導を受ける。

長年スティーヴのアシスタントとして学び、アシスタントの傍ら単独で、タイ、ドイツ、中国、英国でマイソールクラスを教える。

サンスクリット語、チャンティング、ヨガ哲学など幅広く学び、特に食に情熱を注ぐことから、マイソールで著名なアーユルヴェーダの医師、Dr.アニル・クマール氏からアーユルヴェーダの基礎と菜食、ヨガフードについて学び、インド、タイ、ドイツでヨガの練習生にヨガ食やワークショップを提供していたこともある。

2019年に第一子を出産し。妊娠中、出産後もヨガを続け、女性として母としてヨガのある生活からの恩恵を実感する。