シンクロしました。

ナマステ!

昨日のブログの内容がなんとキノシタケイコ先生とかぶっていて、
『 今日は同じことを考えていたんだな〜。』
と思いました。

ケイコ先生のブログはこちら

その中ですごく印象的だったところを勝手に抜粋すると

“ 先生の言う通り、親の言う通り、世間の言う通りにする事が大事やった。”

というところでした。
なぜ印象的だったかというと、
僕はこの考えと真逆の青春時代を過ごしていたからです。(笑)

パンクスに憧れていた僕のスローガンはもちろん
『 Don’t trust over 30 』
意味は『 30歳以上の大人を信用するな! 』(笑)



僕には人生が変わった出来事が2つあって、( 今回は1つ目だけ。)
1995年6月。小学6年生の時に
ザ・ブルーハーツというバンドを好きになったこと。

初めて自分のお金で買ったCDは
ブルーハーツのファーストアルバム
『 THE BLUE HEARTS 』でした。

きっと皆さんも初めて自分の意思で買ったCDって
相当聞いたと思うのですが、
僕も相当聞きました。
8月にはエレキギターも買いました。

もちろん歌詞は全て覚えたし、
イントロも1秒で何の曲かわかります。

10代の頃は、何をしていても頭の中ではブルーハーツが鳴り響いていました。
( ザ・ハイロウズも )

特に1曲目は一番最初にかかるので、
1番聞いたかもしれません。
曲名は
『 未来は僕らの手の中 』

誰かのルールはいらない
誰かのモラルはいらない
学校も塾もいらない
真実を握りしめたい

僕らは泣く為に生まれたわけじゃないよ
僕らは負ける為に生まれてきたわけじゃないよ

『 NO NO NO 』
“ 戦闘機が買えるぐらいのはした金ならいらない ”

『 少年の詩 』
“ ドアを開けても何も見つからない、そこから遠くを眺めてるだけじゃ ”

『 世界の真ん中 』
“ 生きるということに命をかけてみたい ”

『 ダンスナンバー 』
“ かっこ悪くたっていいよ
 そんなこと問題じゃない
 君のこと笑うヤツは
 豆腐にぶつかって死んじまえ! ”

『 リンダリンダ 』
“ ドブネズミみたいに美しくなりたい
 写真には映らない 美しさがあるから ”


書いていてら、小6以降の記憶が蘇ってきて、
少し泣きそうです。
給食の時間に放送室に入って流したこともあります(笑)

悪いことをして怒られらた時も、
受からなそうな高校を受験して落ちた時も、
好きな子に告白する時も、
高校を卒業して実家を離れた時も、
初めて海外に旅をしようと思った時も、
いつも頭の中ではブルーハーツが背中を押してくれていました。

振り返ると、僕はブルーハーツというバンドのおかげで
一人でいても一人だったことはないし、
生きること、チャレンジすること、失敗することを楽しめるようになったのだと感じています。
大人になってしまう。と言うこと自体が挑戦でした。

そうそう。
19歳の夏。
パンクロック発祥の地ロンドンに行って、
本物のパンクスに会いたい!と、
初めて海外に一人で行く準備をしました。
もちろん頭の中ではブルーハーツやハイロウズが鳴り響く中、
なんとロンドンの街中で甲本ヒロト(ブルーハーツのボーカル)に遭遇したんです!

左・ハイロウズのベーシスト調先人、真ん中が僕、右・甲本ヒロト


僕は強烈な引き寄せの法則を体験しました。


むむむ・・・。

時間が無くなってきたので締めます。
何が言いたかったかと言うと、

僕とケイコ先生は世代も違えば
真逆の考えで青春時代を過ごしきたのに、
かなり共通点が多い思想で人生を生きています。
もちろん違う考えも沢山あるけど、
芯の部分はかなり近いと思っています。

そして、昨日はお互いパソコンの前で
タイピングする時にシンクロしました。

ただこれが嬉しくて書きました。(笑)
これも引き寄せの法則かな?


今日は今からドニ君とナミさん、息子と犬が神戸にやってきます。
明日から4日間のドニDays を皆さんお楽しみくださいね!

明日のマイソールと土曜のマイソールもドニ君がいますよ!


では!


清水誠也

#アシュタンガヨガ 神戸
#神戸ヨガ
#ヨガ神戸