Doni先生のWSを終えて②

ナマステ!

Doni君とナミさん、然大とムギが神戸に来ていた先週の出来事を綴ります。

今回はお互いの息子と初対面だったからいつもよりも楽しみでした。

今回の5日間の神戸での滞在を振り返ると項目を分けないと書けないので、
ヨガのことと、
Doniのことと分けますね。

まずはヨガのこと。

『 10年後もヨガの練習をしたい? 』
とゴアでロルフの奥さんのマーシーに聞かれた時のことを忘れることはないでしょう。
マイソール帰りだったし、
沢山のアーサナをできるようになりたかったし、
身体が痛いことは当たり前だと思っていました。

『 そんな練習をしていたら、10年後はヨガができない身体になるわよ。』

そう言われ、基礎的なことをみっちりと指導してもらいだすも、
アライメントが細かすぎて、キツすぎて、
僕は教わったことの半分以下ぐらいしか気にしないで練習を続けました。
というか細かすぎて理解することができませんでした。
でもドニ君はかなり忠実にキツい練習の日々を過ごしました。

この『 アライメントにどこまで忠実に練習するか? 』
のバランスを取るのはかなり難しいのですが、
練習歴が長くなれば、
アライメントを気にする時期も気にしない時期も
それぞれそれなりに訪れることでしょう。
また、気にしないで問題なく練習ができる人もいるし
理想は気にしないことだとも思います。

が、普通はどこかでアライメントを意識しないと
痛い部位が治らなかったり、怪我をする可能性も高くなります。

その上で僕の個人的な意見ですが
誰にでも当てはまる正しいアライメントは存在しないが
誰にでも当てはまる基本的な身体の使い方は存在する。ということです。

例えば
立っている時の足の向きや置く場所は人によって少し違うけど、
誰でも関節を逆に曲げれば壊れますよね。

アーサナの練習において意見が割れることは沢山あるのですが、
それが指導の難しさであり
楽しいところだと思います。

さて、Doni君の指導を見ていて感じることは

① 一つ一つのアーサナに対して、こうした方が良い。という考えが一貫している為、指導に迷いがない。

② 完成形に拘らず、どこをどう使いたいのか?
という考えでアーサナを行うので、安全だけど超キツい。

③ 伝えることが好きすぎて、時間の概念が麻痺している。(笑)

ひとつずつ細かく書くことが難しいので、
今回参加できなかった方はまた次のタイミングで是非ご参加ください。
結局は百聞は一見にしかずです。

金・土のマイソールクラス


土曜の4時間WS


日曜日のレッドクラス
と3日間のドニクラスは最高に充実し、
練習が深まることだけではなく、とても楽しい3日間でした。

そして、1月4日のスティーブ先生のWSで教わったことが
今回のドニ君の指導をみて、点と点が繋がりました。
点と点が繋がった時の僕はニヤニヤしていると思います。(笑)


続いてヨガではなくドニ君のこと。

会ったことがある人は感じると思うけど、
彼には独特の魅力がありますよね。

特に彼の魅力について考えたりしなかったけど、
今、文章を書いているので、文字に起こしてみます。

『 当たり前のことを当たり前にする凄さ 』
が最初に浮かびました。

ヨガの練習なら、正しい身体の使い方で練習するって
言葉にすると簡単だけど、
めちゃくちゃキツ過ぎて、普通は少ししか気にしません。
ちゃんとやった方が良いってみんな知ってるけど、
気にしてたら先に進まないんですよ。

哲学の勉強をした方が良いのもみんな知ってるけど、
1日は24時間だし、
なかなかその時間を捻出することも難しいです。

食事を気にすることも
環境を気にすることも
子育てや犬と生活することも
様々な選択肢がある中で、
みんな本当は『 こうした方が良い! 』って知ってるけど、
そんなことしないですよね。
でもドニ君とナミさんはするんです。
ヨガよりも生活の徹底ぶりがすごいし
そっちの方がヨガなんだと言いたいようにも感じました。

彼らは自分たちのことを優先しません。
人間はもちろんだけど、
全ての生き物や自然との調和こそが自分たちの為になることを
普通に淡々と行うことで
沢山のメッセージを言葉だけではなく
彼らの生き方で発信しているように僕は感じます。

自分たちが正解とも言わず、
強く勧めることもせず、
気付きの種を出会う人の意識に蒔く生き様には
やはり心が動かされますよね。

僕たちが生きている中で
忘れちゃったこと、見失っちゃたことを思い出させてくれるから
あんまり良いことばかり書きたくないんだけど、
彼らと過ごす時間は特別に感じてしまいます。
と書きたくなってしまうのです。

次回は4月5日(日)のミチカ先生の勉強会で
AYKBに家族で来るので、是非皆さんも一緒に勉強しましょう!
詳細をご確認ください。
ドニ&ナミさんの強い希望で開催することができました。
きっと参加後にその理由がわかると思います。


話が戻って、
月曜がムーンデイで休みということもあり、
同志・倉野家がヴィーガン・ホームパーティーを開催してくださり、
梶田家、清水家、永野家(Doniの名前は永野Doni、国籍不明)が招かれ、
めちゃくちゃ豪華で、スーパー美味しい食事会を楽しみました!
大人数をオーガナイズしてくれた倉野夫妻の暖かさに包まれながら、
大家族梶田家の子供達は最高に良い子だし、
コテンパに疲れていた清水家、永野家は最高に癒されました。
幸せだったな〜。

20時間も料理をしてくれた倉野さん、素子さん、
には感謝の気持ちでいっぱいです。
梶田家のお土産も最高でした。

皆さんありがとうございました!

続きます。
最終日の火曜は6月13日・14日に
ドニ&佳吾(AYK)&セイヤで淡路島で開催するレトリートの下見に
淡路島の菜音ファームに下見に行ってきました。

想像以上の環境でワクワクが止まりません。
早く告知がしたいのですが、
こちらは後日。

という5日間でした。
2月22日を楽しみにしてきたけど、
終わりは始まり。

僕らのワクワクは続きます。


#清水誠也
#アシュタンガヨガ 神戸
#神戸ヨガ
#ヨガ神戸