4月5日(日)MedhaChaitanya先生によるヴェーダーンタクラスのお知らせ

ナマステ!

コロナの件で何をするのにも
『 この場合はどうしたら良いのか? 』
と考える日々が続いておりますが、
AYKBはそろそろ活動を再開したいと考えています。

今のところ、16日から予定通り再開したいのですが、
あと1〜2日考えます。
遅くても19日からは再開すると思います。
再開の件に関してはまた別で報告します。

今日はミチカ先生のクラスのお知らせです!
とても楽しみにしていたミチカ先生の勉強会は予定通り開催します。

まずはドニ先生の記事を読んでください。

子連れでも参加できるクラスと
『 子連れ 』が前面に出ていますが、
ほとんどの方が子連れじゃないので、
どんな方でも参加できる勉強会です。

僕は日頃アーサナの練習がヨガの練習になっています。
もちろん、ヨガの実践はアーサナだけではないことはわかっていますが、
『 忙しい 』ことを言い訳になかなか勉強できるタイミングを作れないのが現状です。
今回のクラスが日頃アーサナの練習が中心の人達にとって
何かのきっかけになることを楽しみにしています。
そして、きっと更にヨガを好きになると思いますよ。

特にAYKBで日頃練習している方には
是非積極的にご参加頂きたいと願います。

世の中がこんな状況になってしまったからこそ
いろいろ浸みると思います。


《神戸開催》
Medha Chaitanya先生による
ヴェーダーンタクラスのお知らせ

《開催日》
2020年4月5日(日)
*予約フォームは1番最後にございます。

Medha Chaitanya先生を神戸にお招きし、ヴェーダーンタ、チャンティングのクラスを開催することになりました。Medha先生はインドのヴェーダーンタの学校「Arsya Vidya Gurukuram」で行われる長期コースにて、世界中から集まった生徒達にサンスクリット語文法や文献の読解法などを指導されている方です。
本来ならば、ヴェーダーンタのクラスは先生の前で集中してお話を聴くことが大前提なのですが、子育て育児をしていてクラスに参加してみたいけれど難しいと諦めていた方たちにもぜひお話を聞いてもらいたいということで、託児つきのクラスを開催させてもらうことになりました。クラスの途中で授乳する場合は、授乳室でクラスの様子を聴くことも可能です。なかなかこのようなクラスはないと思いますのでぜひご参加ください。もちろん子連れの方でなくてもクラスに参加していただくことができます。

講師:Medha Chaitanya(メーダー チャイタニヤ)先生

~プロフィール~元在米システムエンジニア。スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーの直弟子。インドの聖地リシケシにあるスワミ・ダヤーナンダ・アシュラムでヴェーダーンタとサンスクリット語文法の勉強を始める。その後、タミルナードゥ州にあるArsha Vidya Gurukulam にて恩師の主催する長期(3年半)コースにて、ヴェーダーンタの三大聖典を学ぶ。コース修了後は翌年から始まった同コースにおいて、日本人初の教員として、伝統的なヴェーダーンタを学ぶ為に世界中から集まった生徒達に、サンスクリット語文法やシャンカラーチャーリヤのバーシャ(聖典の解説書)などの文献の読解法を毎日指導している。これらの経験を活かし、伝統を受け継ぎ教え継ぐ為の人生を選ぶ。文法書や祈り、ヴェーダーンタの入門書など、著書多数。

ブログ:Medha Michikaの世界

クラス内容
ヴェーダーンタウパニシャッドとも呼ばれる、ヴェーダの最後の部分(ヴェーダーンタ)によって明らかにされている知識の一つであるカルマヨーガについて、バガヴァットギーターの1章から3章の流れに沿って教えていただきます。
人生のゴールは安心と快楽だけではないこと、インドの聖典はダルマとモークシャという、さらに深い人生のゴールを明らかにしていることを学びます。
<Medha先生からのひとこと>仕事も結婚も、好きな人を幸せにするために頑張れることも、一個人が、消費者から貢献者へと変容するために、バガヴァーンが人間社会に仕組んでくれたギフトです。その中でも、人間をもう一人生み出し、育てる役割というのは、恩師スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーが「associate (提携者・使者) of Bhagavan」と言われるほど、スペシャルな役割です。ということを、全てのお母さんたちに分かってもらいたい、と願っております。。。

チャンティングサンスクリット語の基本的な発声法を学びます。ヴェーダーンタの学びに必要な、生活の中でのお祈りの句をゆっくりきちんと学びます。
お祈りの句の意味は、ヴェーダーンタのヴィジョンにも繋がっているので、意味を解説しながら進めます。
*必要な資料をお配りします。

スケジュール
 9:30~     受付10:00~11:15  クラス① ヴェーダーンタ
11:15~11:45  休憩
11:45~12:45  クラス② チャンティング
12:45~14:00  ランチ
14:00~15:15  クラス③ ヴェーダーンタ
15:15〜16:00  質疑応答

テキスト
必要な資料はこちらで用意させて頂きますが、もしお持ちの方は以下の書籍をお持ちください。 
1)祈りの理論&サンスクリット語の祈りのことば

参加費会場運営費 1日1000円 + ダクシナ

「ダクシナ」とは、ヴェーダ、ヴェーダーンタの知識と教えの伝統に対して、尊敬と感謝の心を育て、それを表現する方法です。伝統の教えの中に、自分が見いだせた価値観を、表現する方法とも言えます。このダクシナという方法により、ヴェーダ、ヴェーダーンタの教えの伝統に対する、先生と生徒のあるべき正しい姿勢は守られてきました。恩師スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーをはじめとする伝統の教えを受け継ぐ先生方は、このダクシナという伝統的な方法を大切に守っていらっしゃいます。ダクシナは封筒に入れて、クラスの最後に先生に直接手渡しして下さい。

昼食伝統に沿って「アンナ・ダーナ(食事の無償提供)」を致します。
スポンサー(食事代の寄付をすること)にご協力いただける方は、当日受付時にお知らせください。金額の大小は全く関係ありません。スポンサーをされた方は当日会場にてお名前を掲示、もしくは読み上げさせていただきます。(匿名も可能です)

ダクシナ、ダーナ、ビクシャーなどの言葉については、こちらを参考にしてください。
食事のマナー、配膳については、こちらを参考にしてください。

*ランチはヴェジタリアンのお弁当を用意します。
前日(16:00)にお弁当の数を確定させる必要がありますので、ご予約、キャンセルは前日(16:00)までに必ずお願いいたします。

※乳製品を除く動物性食品のお持ち込みはご遠慮ください(肉・卵・出汁・エキス等含む)。お菓子をご持参いただく場合は原材料のご確認をお願いします。
※食物アレルギーがある方はご予約時にお知らせください。
※昼食時にお飲物の提供はありません。各自ご用意ください。
※昼食をご準備させていただきますが、強制ではございませんのでご持参されたい方はお知らせください。

Medha先生のコメントより:
「私個人の願いから、私の勉強会で集まったダクシナは、日本とインドで健全で豊かな社会づくりに貢献している団体、そして私がお世話になった先生方への寄付に使われています。」

★持ち物
・筆記用具
・マイスプーン
・ICレコーダーなどの録音機器(必要な方のみ)
※クラスの音源を皆様に向けて公開することは致しません。

★会場
アシュタンガヨガ神戸兵庫県神戸市中央区元町通2丁目4−13 サンアポロビル4階
*お問い合わせは、スタジオではなく永野までお願いします。

ご予約について
・基本的に1日を通して昼食を含む全てのクラスにご参加いただける方のお申込をお待ちしております。
・キャンセルはできる限り早めにご連絡をお願いいたします。(お弁当の手配の関係上、キャンセルは前日までに必ずお願いいたします)
当日の無断キャンセルはお控えください。

フォーム送信後、担当者から折り返しメールが届いた時点で予約完了となります
3日以内にメールが届いてない場合は予約フォームが適切に送信できていない可能性がありますので、お手数ですが直接以下のアドレスまでご連絡ください。
また携帯電話・スマートフォンのアドレスをご利用の方は受信できるように設定をお願いいたします。

ご予約はこちらのフォームからお願いします。

【お問い合わせ】
vedanta.tokushima@gmail.com 担当:永野