3月21日(土)のサトリ先生の基礎講座WSを終えて

ナマステ!

まずは今日25日(水)は体調不良の為、マイソールクラスをお休みしました。
今までだったら行っていましたが、
コロナ問題があるので、少しでも体調が悪い場合は休むという選択をしました。
ちなみに熱や咳や鼻水はなく、原因は『 頭痛 』です。
月曜の午後から今も頭を動かすと少し痛いだけです。
ピキっというような走る痛みではなく、ズーンっとした痛みです。

コロナの症状ではないことを願い、
僕には何の判断もできないので、治るまで大人しくしていますね。
皆さんも不調がある場合は休んでくださいね。


さて、21日のサトリ先生のWSはとても学び多き時間になりました。
僕がこの講座を受講するのは多分3度目でしたが、
何度受けても気づきと発見がある素晴らしいクラスでした。

まずはタダーサナ。
ちゃんと立てている様で、立てていなかったり、
全ての動きの基本のなるので、細かくじっくりと取り組みました。
ここからの応用で
チャトランガダンダーサナやダウンドック、アップドック。

しかし、とにかくキツい(笑)
自分の好きに行うことと、
使いたい箇所を意識して行うのではこんなにも違うのか!?
と今回も痛感しました。

ということは、
やはり僕も通常の練習では自分の好きなように動いているんですよね。
直せる癖もあれば、直りにくい癖もあります。
今回も沢山教わりましたが、全部を意識することはできないので
いくつかのテーマを決めて、課題を絞って練習しようと思います。

そして、今回のクラスで改めて思ったことは
アライメントを学び、意識することで練習に安全性が増すことと、
がむしゃらに練習するよりも効率よく練習が深まること、
アーサナの目的がわかり、悩みが減ること。
などを感じました。

あそこまで意識して、丁寧に行えば怪我することなんてできないですよね。
しかし、アシュタンガヨガの練習スピードでは難しいことも事実です。



あとは何事もバランスが大切だと思います。
アライメントはとても大切なことですが、
正しいアライメントが練習の正解ではありません。

その上で今の自分に必要な選択をしましょう。

練習人生は長いから、時期や段階によって、
様々なことをテーマに練習すると思います。

何の為に練習をしていて、
この練習の先にあるものは何なのでしょうか?

今回のサトリ先生からも特別な刺激を頂けました。

WSはかなりキツイ練習が多かったですが、
終始オヤジギャグ爆発で笑い溢れる楽しい時間が過ごせました。


次回も楽しみにしております。


清水誠也