5月3日(日)は更科有哉先生によるレッドクラスが開催されます。

ナマステ!

毎週思うけど、1週間が超早いです。

コロ助がやってきたおかげで
人生の計画が白紙になったのは
僕だけではないだろうし、
これから影響を受けることを覚悟している人もいることでしょう。

願ったって叶わないことに拘らず、
新時代をサバイブしましょう!

もちろん、コロ助がいなくなるまでの数年を耐えて過ごせる方は
がんばって耐えてください。

ただ、耐えるのにも限界がある生き方だった方は
生き方自体を変えなければいけないですよね。
例えば世界中のほとんどのヨガスタジオが
変化せざるえない状況にあると思います。

さて、このブログを読んでくださっている方のほとんどは
ヨガをしている方だと思いますが、
あなたはいつからスタジオでの練習を再開しますか?
あなたがスタジオでの練習を再開する基準はなんですか?

誤解してほしくないのは
僕は5〜6月から再開するスタジオさんも
そこで練習を再開する生徒さんのことも
責めるつもりは全くないし、
むしろある意味では心から応援しています。
僕も可能なら再開したい気持ちを持っています。

ただ、僕たちは現実的な予想や想像ができます。
その上で、根拠のない希望や願望を目安に
安易な将来を想像することはできません。

例えは5月7日に緊急事態宣言が終わって
世界は元の世界に戻るとか・・・。

僕はAYKBの再開の基準の一つを
『 安心 』と『 安全 』
に決めました。

それらを感じる基準が
ワクチンの普及なのか?
コロ助の収束か?
世論なのか?
はまだ決め切れていませんが、
たぶん来年の春ぐらいまでは再開できない可能性が高いと思います。

ただ、完全に気持ちをオンライン クラスに切り替えて
つくづく感じるのが
オンラインクラスのメリットの素晴らしさです。

オンラインでできることを模索する。ということは
コロ助が運んできた社会にもたらす良い影響の一つだと思います。
もちろん、今後様々な問題も発生するとは思いますが、
メリットだけに目を向けると素晴らしいことが多いです。

その①
『 100%感染しない 』

対面のクラスでは常に感染のリスクが頭から離れないので、
100%感染しないという安心感を得られるだけでも
相当なメリットを感じます。

その②
『 距離という概念が存在しない 』

これもすごいことですよね。
現在『 朝ヨガせーや 』のコミュニティ入会者は
全国各地はもちろんですが、
アメリカやポーランドに住んでいる方もクラスを受講しています。
( 彼らは夜ヨガになっている。)

どれだけの距離だか想像できませんが、
そこに声の遅れもないし、
普通にリアルタイムでクラスを受講できるのです。

ほんの数年前では考えられなかったことが
今日の現実なのです。

さて、本題に入りますね!

アシュタンガヨガは
レッドクラスという共通言語があるので、
特にオンラインクラス向きだと感じるのですが、

アシュタンガヨガ京都 
山口佳吾
アシュタンガヨガ神戸
清水誠也
アシュタンガヨガ名古屋
石川恭平
で何度も話合い、
合同オンライン レッドクラスを開催しよう!
ということになり、
第一回目は
更科有哉先生に担当して頂けることになりました!

このブログの読者の皆様は
すでに今月何度も僕のレッドクラスにご参加頂いたと思いますが、
オンラインクラスならではの楽しさがありますよね!

何よりも上記した通り、
感染リスクがない状態で思いっきり練習ができること、
世界中の実践者との繋がりを感じながらの練習は
かなり楽しめると思います!

是非、一人でも多くの方にご参加頂き、
こんな時でもヨガ実践者は
楽しめる方法を見出し、
がっつり楽しんでいけるということを体験してください!

僕も佳吾先生も恭平先生も
皆さんと共にユウヤ先生のカウントで練習できることを
とても楽しみにしております!

ご予約はこちらの文をクリックして
専用のフォームからお申し込みください。

写真は2016年のケララ州・カヌール
この時はムーンデイと週末の休みが重なり
ケララ小旅行に行った時です。

清水誠也

#アシュタンガヨガ 神戸
#オンラインヨガ
#朝ヨガせーや