ただ繋がっているだけのオンラインマイソールクラスに意味はあるのか?

ナマステ!

パンチの効いた題名にしてみました。

AYKBでは『 朝ヨガせーや 』と題した
オンラインクラスを行っていて、
これが自分で言うのもなんですが、結構好評なんです。

スケジュールも豊富だし、
裏メニューは僕の指導力には限界がありますが(汗)、
アイデア自体はおもしろいし、
全てのクラスを受講できて3,960円の月謝もお手頃だと思っています。

が!!!

オンラインでマイソールクラス ってどうなんでしょうか?
そんな質問を頂くこともあるし、
ヨガ談議の話題にもなります。

レギュラークラスやレッドクラスはオンラインとの相性は抜群だと思います。

が、繰り返しますが
オンラインマイソールクラス って・・・。
そもそも、
『 朝ヨガせーや 』のオンラインマイソールクラス では、
僕はほとんど画面を見てないし、
指導もほとんどしません。
画面を除いた時に気になれば口を出す。
程度です。

ただ繋がっているだけです。

なぜなら、その間は自分自身の練習をしているか、
シャラで普通に対面のマイソールクラス を行っているからです。

僕は自分の練習中、早朝4時前からZOOMを繋いでいます。
そして、4時から参加する方もいます。
5時台にはそれなりの人数が淡々と練習をしています。
僕も練習中だから誰にも喋りかけないし、
画面も見ません。
皆さんミュートだから音も聞こえません。

ここからは
僕の個人的なオンライン マイソールクラス についての意見です。

結論から書くと、
オンラインマイソールクラス は最高です!
こんな画期的なことが起きるなんて、
2020年の時代の変化が生んだ最高の副産物です。
まさかこんなにも画面越しで皆さんからポジティブエナジーを感じれるなんて思っていませんでした。

1人でも練習しますよ。
でも、1人で練習するのと
見ないし、聞こえないけど、
画面越しで練習している仲間がいるのとでは
雲泥の差なんです。

火曜日の練習中に軽いギックリ腰(正確には胸)をやってしまいました。
『 あ、やっちゃった。』
と思い、その時はどこをやったかわからなかったので、
マットに大の字になり、動けませんでした。
でも、ダレないんです。
みんなと繋がっているから。
( 実際にはシャラ内にも一緒に練習している生徒さんがいました。)

で、今日は比較的良くなっていたのですが、
シッティングに入ってすぐに
怪しい違和感がありました。

でも、その状態でできるベストな練習に気持ちがすぐに切り替わりました。
みんなと繋がっているからです。

これが1人だと、ぶっちゃけダレますよ。
よし、練習しよう!
やばいギックリやっちゃった!
今日はやめよう。
ってなりますよ。僕の場合は。

そして、練習が終わったあと、
まだ練習中の同志達に心の中で本当に感謝しました。
今日も練習のエネルギーを共有してくれて
ありがとうございました!

ただ、画面越しで繋がっているだけ。

これが一人っきりの練習を継続することを
どれだけサポートしてくれるかは
参加している方だけが感じていることです。

今朝はギックリの様子を探りながら、
負荷のかからない練習をしました。

ふっと画面が気になって目を向けると、
キノシタケイコ先生が一人でスプタヴァジュラーサナをしていました。
このアーサナは二人一組で行うアーサナで、
一人ではできません。
でも、一人でできる範囲の動きを
ただ淡々と、当たり前に行っていました。

まだ4時台です。
世の中は布団の中です。
ギックリで変な動きで練習する僕の前に
一人スプタヴァジュラのケイコ先生。

ケイコ先生の足を押さえたいな〜。
でも画面の向こう側には行けないよな〜。
と思っていた時に
なんだか強烈な繋がりを感じた今朝の練習でした。

その後の対面でのマイソールクラス では
オンラインでこの数ヶ月継続的に顔を合わせていた生徒さんが、
AYKBに来てくれました。
初めて会うんだけど、
僕たちはほぼ毎日顔を合わせていたから、
全てがスムーズでした。

僕は彼女を知っているし、
彼女も僕を知っています。

コロナの影響でスタジオに行けなくなってしまった方。
一人での宅練がキツい方。
ただ繋がっているだけのオンライン マイソールクラス だけど、
画面の中にも自分が主役のドラマはありますよ。

一週間無料体験を行なっているので、
気になる方はお試しください!

では、また明日!


清水誠也

#アシュタンガヨガ神戸
#オンラインヨガ
#オンラインアシュタンガヨガ