書くことについて語るときに僕の語ること。

ナマステ!

これでもか!
ってぐらい村上春樹先生の題名をお借りしました。(笑)
( その1 )
実際は語りません。(汗)

『 YOGA YOMU 』の最新号の特集が
『 書くとは。』というテーマでした。

『 人は書かずにはいられないのか? 』

これは普段書いている僕にとっては刺さる問いかけですが、
皆さんはどうですか?

本を読んだり、曲を聴いたりすることは好きだったけど、
本を書くとか、曲を作るとか
そんな大それたことは現実的ではなく気づけば大人になりました。

でも、2005年から mixi を始めて、
『 日記 』と言う名のブログみたいものを
僕も含めて、多くの方がやり出したことが
僕が文章を書きだしたきっかけでした。
mixi の日記で書く楽しみを覚えました。

書くことにより、自分の気持ちや考えが明確になってスッキリします。
それを皆さんに伝えることで
夢や目標がが一つ一つ叶ってきました。
僕にとっては書くことは夢を叶える手段の一つです。

2011年の震災以降 mixi から離れてしまい、
2012年に東京を出て旅を再開してからブログを始めました。

その時は
『 ヨガの先生は、ブログかHPを作って発信している。』
というイメージが強かったので書き出しまたが、
2012年はずっと旅をしていたから
旅ブログでした。

で、今に至ります。

そして、僕が文章の凄さを最初に感じたのは
95年のブルーハーツのベスト盤でイノマーさんが書いたライナーノーツです。
大人になるまで擦り切れるほど読みました。
読みながら泣いたこともあったし、
人間が剥き出しの文章はとても暖かく、
もう手元には無いけど、また読みたいなぁ。
( 読んだ人いますか? )

最近はほとんどの人が
ヨガ講師・清水誠也のブログ。
として読んでくれていると思いますが、
自分でそう思うと
カッコつけたり、良く見せようと思ったりしてしまうので、
もっと実際の清水誠也のままの文章を書けるようになりたいと思っています。

先週から
できるだけブログの更新をする。
というモードに入ったので、
書きながら何かが変わっていくことを僕自身楽しんでいます。

8月30日(日)にキノシタケイコ先生と対談し、
ZOOMで配信することになりました。
明日は『 話すこと 』について書いてみます。



そして、明日は新月で全てのクラスがお休みになります。
ゆっくり休んでくださいね!


清水誠也

#アシュタンガヨガ神戸
#オンラインヨガ
#オンラインアシュタンガヨガ