オンラインヨガの10月の裏メニューができました! 

ナマステ!

明日は満月で全てのクラスがお休みなのでご注意くださいませ。

オンラインアシュタンガヨガコミュニティ『 朝ヨガせーや 』では、
通常のクラス以外に『 裏メニュー 』と題したスペシャルクラスを行っています。

コミュニティメンバーは
誰でも、
自分の都合の良い日時に
自分の練習の課題や問題や悩みをオーダーでき、
清水誠也が90分クラスを行います。
追加料金一切なし。

オンラインコミュニティの毎月の月謝は税込で3,960円です。
まずは1週間の無料体験をご利用くださいませ!

メルマガで配信した際20日(土)と送信しましたが、
正しくは20日(火)です。

皆様再度ご確認くださいませ。



10月10日(土)11:00~12:30

『 シッティングのヴィンヤサのトランスレーション?』

このようないい方であってるのか?ちょっと分かりませんが、毎ポーズのごとにジャンプスルーのときに足先がマットのまえから大きくとびだしたり、ジャンプバックのときに、足先がマット後へとびだし、チャトランガの蹴り出しがずれたりします。

毎ヴィンヤサに、マットの中心に戻るアクションが、多々あり、これによってとても集中が切れることがあります。

どのような位置で手をつき、尾骨をセットし、アップからジャンプバック、ジャンプスルーへもっていけばいいのでしょうか。おすすめの方法ありましたら、ご教示よろしくお願いいたします。


12日(月)11:00~12:30

◎軽減アーサナ(手首編)

毎日・毎回ではないですが、右手首に違和感・痛みを感じる時があります。
チャトランガダンダーサナ、アップドック、ダウンドック中の他
四つん這いで呼吸する時も、右手首に違和感を感じる時があります
気をつけるポイントがあれば、知りたいです。

◎手が滑る?

アップドック中に、手が前方に滑っていく時がありますが
手のつき方も、滑らない日との差がわかりません。。
これは、、、あるあるですか?
小ネタ集いきかな。。

◎オンラインマイソールの立ち振る舞い!?

主に、入・退室時、先生に声をかけるタイミングですが
ケースバイケースではあるのですが、どういうコミュニケーションの取り方がいいのかなと気になっています。
私の声は聞こえているのかな~?
先生の姿は見えないような気がするからしばらく待ってみようかな~と思っていたら、先生めちゃ近くにいた!とか
静かに、心拍数があがるのですが、オンラインの特性と捉えて気にしなくてよいものか。。。


16日(金)11:00~12:30

第一希望 カムアップについて

1年前は後屈が大嫌いでしたが、今はだいぶ胸も開いて後屈の苦手意識は無くなってきました。ただいくら柔らかくなってもカムアップが出来ません。胸の開きよりも鼠蹊部の伸びを意識した方がいいのか、脚の力なのか、重心移動なのか、結局バンダなのか、その全部なのか。やるのは自分なので、色々な事を見ても聞いても最終的に自分の体で落とし込めないと意味がないのは分かっています。

ただ、言葉一つ、意識する方向一つで違う感覚が芽生えたりするので、何かヒントやアドバイスが頂けたらありがたいです。感覚的な言葉で構いません。色んな人の意見が聞きたいです。

また、段階的にやる練習方法はありますか ( 壁やブロックを使ったり、カップハンドなどの方法 ) 。

頭で考えすぎて出来ないのかもしれないですけど。

第 2 希望 ウールドバムカパスチモッターナーサナで踵を掴んだまま起き上がれない件。いつも足先近くを掴んでモジモジしながらポーズに入ってしまいます。踵を掴んだまま一息で起き上がれた事が無いです。


20日(火)11:00~12:30

チャトランガ

毎日練習していたときチャトランガで手首、肘、肩痛めている感じがありました。肩甲骨周りの筋肉もがっちがっちで、背中が凝り固まっていたのも感覚的にはチャトランガでバンダを使えず背中の筋肉で何とかしようとしていたからなのかも、と思っています。体重も上半身にばかり乗ってる感じがするし、足を使う感じもわからないのです。チャトランガでのバンダ、足など体の使い方を教えてほしいです。

それの延長で、太陽礼拝のジャンプバックでチャトランガで着地する練習法や、チャクラアーサナからチャトランガに入る方法を教えていただけると助かります。


25日(日)11:00~12:30

『自分にとってのヨガについて』

福岡でアシュタンガヨガを実践していた黒木優子先生は10数年前に交通事故に遭い、練習はもちろん、日常生活においても大変なご苦労をされ、今も痛みと向き合いながら練習を継続されています。
彼女は事故後、体を動かせない時からベットの上でイメージでヨガをされたそうです。

事故を経験された時から現在に至るまで、それまで実践していたヨガはどう影響したのでしょうか?
今回はキノシタケイコ先生と僕でインタビューをするような形で
優子先生にお話をして頂きます。

私にとっての練習とは? 私にとってのヨガとは? など、
きっと参加者全員が何かを考えるキッカケになる時間になるかと思いますので、
是非予定を合わせてご参加くださいませ。