不調の原因は副鼻腔炎でした。そして、ネティポット(鼻うがい)濃度について。

ナマステ!

今週は体調不良で、対面のマイソールクラス とオンラインマイソールクラス は自主練習にして頂きました。

家族全員同じ症状で、昨日は妻と長男が副鼻腔炎と診断され、
僕も夕方耳鼻科に行くと、
『 副鼻腔炎の手前 』と診断されました。

熱も無く、鼻の奥が炎症を起こしているのでコロナの可能性は極めて引くいそうです。

明日もシャラは開けに行くし、
6時からのオンラインクラスは行いますが、
体がとてもダルいので、
マイソールクラス に関しては自主練習にさせてください。

こんな時期だし、大人しくして早く直した方が良いと思っています。

そして、耳鼻科の先生に
『 習慣的に鼻うがいをしていますが、それについてはどうでしょうか? 』
と質問すると、
『 ちゃんと塩の濃度を調整していますか? 
0、9%以下だから、500mlで5g以下 ですよ。 』

『 いえ、塩はいつも適当で、結構いれていました。』

『 塩をいっぱい入れたら炎症がよけいに悪くなるから、やめなさい。』
とのことでした。

僕はかなり適当に、というか
「 濃い方が良いのではないか? 」
という謎理論で結構濃く作っていました。

そりゃ弱い粘膜に濃ゆい食塩水なんて良いわけないですよね・・・。

日頃ネティポット(鼻うがい)をされている皆様、
是非この機会に皆さんも濃度を見直してくださいませ。


では!

セイヤ

関係ないけど、2018年11月11日のシャラはこんな感じでした。