11月21日(土)はシャラート先生のオンラインレッドクラスが開催される為、スケジュールの変更があります。

ナマステ!

副鼻腔炎から1週間。
抗生物質を飲み続け、やっと今日から鼻呼吸ができ、
1週間ぶりにフルプライマリーを練習できました。

鼻が塞がる不調は数年ぶりだった為、
『 鼻が詰まると練習ができない。』という
当たり前のようで、当人にしか感じることができない事実を身をもって体験しました。
今回の副鼻腔炎で、
鼻詰まりの人にもアドバイスをできるようになったので、
鼻が詰まったら相談してください。
( まずは耳鼻科での診断を勧めますが・・・。笑 )

思うように体は動かなかったけど、
滞っていたものが抜けるのを味わいました。
やっぱり練習って気持ちがいいですね。
肉体的も精神的にも。

さて、前置きが長くなりましたが、
今週の土曜日はアシュタンガヨガのグル、シャラート先生によるオンラインレッドクラスが開催されます。

その為、スケジュールの変更があるので、
AYKBと朝ヨガせーやの皆様はご確認ください。

清水誠也のフルプライマリーレッド、マイソールクラスは休講

ミーコ先生のハーフレッドは7:00ではなく、
6:30からに変更です。

リサ先生の6:00の朝ヨガは通常通りです。

日本時間は8時からスタートします。
お申し込みはマレーシアのヤン先生のHPからできます。
簡単なので、こちらから申し込んでください。
https://www.yanong.me/shop/sharathjois21nov

ここから先は大切なのでちゃんと読んでくださいね。



まず、シャラで一緒に受講する方は
僕に直接連絡をしてください。

僕が金曜日にまとめて申し込んで支払います。
料金は土曜日のクラス前後に僕に払ってください。

二重になってしまうので、絶対に自分ではお支払いしないでください。


お家で受講する方は自分で申し込んでお支払いください。
その際、金曜日ではなく木曜日までに申し込んでください。
カンファレンスの通訳はFacebookの非公開グループに申請してからになるので、ギリギリは心配なので余裕を持ってくださいね。

ギリギリで申し込んでIDや通訳が間に合わなかった場合は自己責任です。
(ちなみにこの場合はオーガナイザーもやりきれない思いになるんですよ・・・。)

英語が苦手な方はグーグルで『 翻訳 』と検索すると
なんとコピー&ペーストで翻訳してくれます。
これだけでかなり安心できるから是非ご利用ください。
( 申し込み後のメールの文章は全て翻訳した方が安心ですよ。)



私は参加できるのか? とお悩みの方。
今までレッドクラスには参加したことがありますか?
経験がない方はやめた方が良いです。

経験がある方は自分のできるところまで行い、
例えばそれがマリーチアーサナCまでだとしたら、
それ以降はバックベンドまで見学してください。

普段練習しているところまで参加し、
それ以降は見学するのであれば、
全く問題なく参加できます。

ご自身の先生に教わっていないアーサナは行わないでください。

心配な方は遠慮なく僕にメールしてください。
僕と面識がない方からのお問い合わせに関しても回答するので、
遠慮なくどうぞ!
info@ashtangayoga-kobe.com



皆さんへ。

アシュタンガヨガを普段練習している方は
できるだけ積極的にご参加することをお勧めします。
オンラインとはいえ、シャラート先生のリアルなカウントでの練習は
全ての練習生にとって、とても良い経験になります。

また、カンファレンスを日本語通訳付きで聞ける機会も
かなり貴重だと思います。

インドのマイソールでの滞在中にシャラート先生のお話や考えを聞ける機会は
カンファレンスのみですが、
僕は英語が苦手な為、インドでのカンファレンスでのお話を一部しか理解できません。

何度も何度も同じ話を聞きながら、
毎回少しづつ理解をしてきました。

それでも全体のほんの一部です。

自宅にいながらオンラインで、
しかも日本語通訳付きで体験できるなんて、
本当に素晴らしい時代になりましたね!



最後に話がそれますが・・・

きっと今年は全員がコロナで困ったと思います。
これからもしばらくは困り続けます。
確実に、しかも誰にでもわかる形で時代が前に進むのを世界中の全員で一緒に経験しています。
そして、進行形で今日も猛スピードで新しい時代が広がっています。

でも、だからこそ、自分の仕事や人生について再考することができました。
未来のこと、将来のこと、残りの命の時間のことも。

どんな時代になっても変わらない価値観についても再確認しました。
心身が安定し健康であること。
自分の心と体、自分と家族、社会、自然との調和。

変化することと、変化しないことを
見極めて、受け入れて、その中でできる最大限の可能性を探りませんか?

11月21日、世界中の練習生と共に
シャラート先生のカウントで練習できることを
本当に心の底から嬉しく思います。

お互い楽しみましょう!


清水誠也