AYKB通信をそろそろ再開します!

昨年のAYKBシャラオープン前まで書いていた
『 AYKB通信 』という名のメルマガも
日々のドタバタでお休みしていましたが、
そろそろ、7月ぐらいから再開できそうです。

でもその前に昨年まで送っていた方には今日送らせて頂きました。

そして、せっかくなので、
こちらのブログにもそのまま添付します。

メールが届いている方は同じ内容なのでスルーしてください。

ナマステ!

皆さんお久しぶりです!

アシュタンガヨガ神戸のセイヤです。

久々のAYKB通信です。

久々過ぎて書きたいことは沢山あるのですが、3点に絞りますね。

まずはAYKBのコンセプトの1つである

『 どんなライフスタイルの方にもヨガができる環境を整える。』

を目指し、

午前中のマイソールクラス だけではなく、

夜のレギュラークラスも4月よりスタートしました。

これにより、今まで以上にクラスも充実し、

忙しくて朝ヨガに行けない時や、仕事終わりにスッキリしたい時にもヨガができるので、

是非その時々のライフスタイルに合わせてAYKBでヨガを楽しんでもらえたら嬉しいです!

ちなみに現在行なっているキャンペーンは

・マイソールクラス1週間体験チケット ( 6480円 )

・フリーパス申し込み者への最高級ヨガマットプレゼント  *まもなく修了します。

(マンドゥカ社のPRO6mm  18,900円相当 )

・ハーフパス初月10,800円が無料

(レギュラークラス受け放題のパスです。)

・レギュラークラス 2回体験チケットが1,000円

の4つです。

どれも『 僕だったらこうして欲しい! 』と思ったことをキャンペーンにしてみました。

是非HPをご確認ください。

2つ目は

来週の6月29日(土)に

キノシタケイコ先生をAYKBにお招きしてWSを行なって頂きます。

ケイコ先生は日本でのアシュタンガヨガ発祥の地、IYC荻窪にて

ケンハラクマ先生の後を継ぎ10年間マイソールクラス を担当された先生で、

僕の最初のアシュタンガヨガの先生です。

ケイコ先生のHPはこちらです。

https://www.keikokinoshitayoga.com

毎日更新されているブログはこちらです。

https://ameblo.jp/keikokinoshitayoga/

日本でのアシュタンガヨガ創成期を支えて来られたケイコ先生は

老若男女、初心者から長年実践されている方まで

桁違いの数の生徒さんに指導をされてきました。

その経験と、ケイコ先生のお人柄は

僕自身の人格形成においても大きな影響を受けており、

是非一人でも多くの方にケイコ先生に会って欲しいと思っています。

AYKBというシャラを構える前から

いつかシャラを構えたら、関西の皆さんにケイコ先生のクラスを体験して欲しいとずっと思っていました。

今回は『 呼吸を知る WS part 2 』ですが、

流派にこだわらず、

前回受講していない方にこそオススメのWSであり、

皆さんの日頃の練習はもちろん、実生活でも良い影響がでることと思います。

また、最近練習をお休みされている方にも、

是非このWSが練習を再開するきっかになって欲しいと願います。

きっとケイコ先生のブログを読まれている方も少なくないと思いますが、

百聞は一見に如かず。

是非このタイミングでご予定を調整して、ケイコ先生のクラスをご堪能ください。

WSの詳細とお申し込みはAYKBのHPをご確認ください。

3つ目。最後になります。

今年も7月4日からAYKBに嶋田有希先生が僕の代行に来てくださいます。

昨年も2ヶ月間代行してくれて、その後またしても半年間インドで学びを深め、先日帰国されました。

マイソールクラス は7月4・5・6・8・9日、

7日(日)はレッドクラスを2本です。

この期間に関しては僕は神戸にいるので、皆さんと一緒にマットを並べて練習します。

それもすごく楽しみにしています。

有希先生はインドで彼女のグルジと共に生活し、
それを何シーズンも繰り返している彼女が今皆さんに伝えたいこと。

今回の神戸では2回に分けてWSを開催してもらうことになりました。

1回目は7月7日(日)

2回目は7月13日(土)

【サットヴァ・ラジャス・タマスな行動】

どんな行動でも、大きくわけて3つの行動にわけることができます。

自分を高めてくれるサットヴァ的な行動。

自分を苦しめてしまうラジャス的、タマス的な行動。

どうせ同じ行動をするのなら、サットヴァ的な行動を!

まずは、サットヴァ?ラジャス?タマス?って何なのかを一緒に考えましょう。

そして、どんな行動がサットヴァ的なのか、ラジャス的なのか、タマス的なのかを

Bhagavat gitaで述べられてることを元に、知識を深めていきます。

今回のテーマは2つ!

・【第1回目】サットヴァ・ラジャス・タマス的な食べ物・食べ方/チャンティング・Q&A

・【第2回目】サットヴァ・ラジャス・タマス的なタパス/チャンティング・Q&A

1回目のテーマは、【食】に注目!

食べることは、ヨガを行ううえで、とても大切なベース。

Bhagavad gitaやハタヨガプラディピカなどでもその重要性について述べられています。

Bhagavad gitaより、サットヴァ・ラジャス・タマス的な食べ物・食べ方を学びましょう。

インドのグルクラ(先生と生徒が一緒に生活し、知識を学んでいく場所)では、

ご飯を食べる前に、生徒みんなでマントラを唱えてから、ご飯を頂きます。

それらのマントラを通して、何のために食べるのか、食べるということはどういう事なのかを

体感してみましょう。

2回目のテーマは、【タパス】に注目!

タパスはよく日本語で、修行という言葉で約されますが、

サンスクリットの語源から本来の意味を考えていきましょう。

Bhagagat gitaでは、スピーチタパス、フィジカルタパス、マインドタパスについて、

述べられています。それらの3つのタパスを学びます。

そして、その3つのタパスをさらにサットヴァ・ラジャス・タマス的なタパスに分けて、

自分の日頃の生活に取り込んでいけるよう知識を深めていきましょう。

聞きなれない言葉がたくさんあるように感じるかもしれませんが、

食べることや、身近な行動に関することがテーマとなります。

哲学初めての方も、ヨガ自体が初めての方も、大歓迎です!

また、2回目からの参加でも問題ない内容になってます。

身構えず、空っぽの頭で気軽に参加して下さい!

以上。

長くなりましたが、最後まで目を通して頂いてありがとうございました!

またAYKB通信も復活しようと思っているので、

楽しみにしていてくださいね!

AYKBのHPと

清水誠也個人のブログもたまに覗いて頂けたら嬉しいです!

では、皆さんが日々にヨガがあり、

健康で充実した生活を送れていることを願い、祈ります。

AYKB

清水誠也

#神戸ヨガ